【Youtube】著作権侵害の異議申し立て③「カバー曲」が選択可能になった!

GarageBand・Logic Pro X を使ったDTM/DAW(音源作成)やボーカル録音をし、Illustrator・Premier Pro・After Effectsでデザインやアニメーション作成をしている、WEBデザイナー & 童謡Youtuberのひまわりです。

新しくアップした「にじ」動画に対し、ひまわりYouTubeではすっかりお馴染みになった「Muserk Rights Management 」社より、メロディに対して著作権侵害の報告をうけまして・・・

収益が「Muserk Rights Management 」に吸い取られる状況となりました。

思考不能

また、おまいさんか。。。

今回も著作権侵害に報告に対し、異議申し立てをしていこうと思いますが、今回は異議申し立ての仕様に若干の変更が入った模様です。

該当曲がJASRACの管理下であることを調べる

JASRACとYouTubeは包括契約をしているので、JASRACの管理下の楽曲であれば著作権に関してはクリアになるはずです。

今回も、JASRACの管理下であることを証明できるように、提示できる情報を調べます。

JASRACの公式サイトでの確認の方法は過去記事にかいてありますので、興味のある方はチェックしてください。

証拠として提示できるように、

  • JASRAC作品コード
  • それがわかるJASRACのページURL

を控えておきます。

※JASRAC管理下の曲でない場合は、著作権を保持されている方全てに「YouTubeで配信してよいか」の確認を取り、書面なり残るもので許可を得ておくほうが安全ですね。

異議申し立ての入力をすすめる

YouTubeスタジオにて、著作権侵害をうけた曲より、異議申し立てに関する情報を入力していきます。

この曲のメロディーの著作権者は、作曲した「中川ひろたか」先生ですよねえ? なぜに「Muserk Rights Management 」社が出てくるんでしょうね・・・・。

細かい手順はこちらにまとめています。
「理由の説明」から変更がはいってるので、そこまでの手順を確認されたい場合は、のぞいてみてください。

異議申し立ての理由に「カバー曲」が追加されていた!

筆者のチャンネルでは、日本の童謡唱歌をアップしているのですが、もちろん著作権者は作詞作曲家さんです。
タイプの選択では、毎回迷っておりました。

  • オリジナルコンテンツ →自分の楽曲の場合
  • ライセンス →使用許可を得ている場合
  • フェアユース →元から大幅に変更を加えている場合
  • パブリックドメイン →著作権が切れている場合

以前の記事でも、このタイプをどう選んだら良いのかを迷って迷って・・・異議申し立ての失敗をしたこともあります。

自分の作った曲ではないし、使用許可を直接得ていないし、著作権はJASRAC管理中。
すると、残るは「フェアユース」なのですが、大幅な変更を加えている?に毎回疑問を持ちます。

他人の作った映像や、他人の演奏したものをそのまま使用してはいませんが、作曲家さんが作ったメロディ通りに歌っているし、楽譜も参考に伴奏を作成していますし。。。パロディみたいな別物音楽じゃないはず。

今回も悩みながら「フェアユース」を選んだ次の画面に変更が入っていたのに気が付きました。

嬉しい

今回、この画面に行ったら「カバー曲」という項目が追加されていました!

今までは、「教育的な動画」を選んでいましたが、
明確な「カバー曲」という選択肢が増えたことで、ずっと抱えていたモヤモヤ感が消えました!

ということで

ここは「カバー曲」を選択します。

この動画がフェアユースである主張を書く欄がありますので、

  • メロディの著作権はJASRAC管理内であり、JASRAC作品コードとページURLの明記
  • 自分が伴奏を演奏し、自分が歌っていること
  • YouTubeスタジオの管理画面で、カバー曲と認定されていること

を、日本語と英語で書き入れました。
(日本語は自分が英語で何を書いたかわからなくなるのを防ぐため。。。Google翻訳に毎度感謝です)

最後の3つの項目にチェックを入れ、送信ボタンを押すと
確認画面と自分の本名をいれる場所がでてきますので、本名を書いて、いざ!送信!

異議申し立て後は「エクスロー」で約1ヶ月待機

異議申し立てをすると、ステータスが「エクスロー」に変わります。
結果が出るまでの収益は保留され、もし著作権侵害の申立を撤回された場合は、審査中の収益が受け取れる期間になります。

まとめ

フェアユースを理由として異議申し立てする場合の、選択肢が増えていました。

筆者が作っている動画は、童謡唱歌の「カバー」が一番適切な表現であると思うので、「カバー曲」での異議申し立てを試してみました。

結果がわかりましたら、また書きに来ます。



嬉しい

この記事が参考になったら、「イイね」をポチっとお願いします!

0