【Logic Pro X】ボーカル音声にリバーブをかける方法

GarageBand・Logic Pro X を使ったDTM/DAW(音源作成)やボーカル録音をし、Illustrator・Premier Pro・After Effectsでデザインやアニメーション作成をしている、WEBデザイナー & 童謡Youtuberのひまわりです。

今回は、Logic Pro X にて、ボーカルにエフェクト(リバーブ)をかける方法です。

思考不能

機能がいっぱいありすぎてわけわからん・・・


ということで、発見したことを備忘録として徐々に書いていきます。

とりあえず、ボーカル録音しておく

音源がないと、エフェクトをかけても聞こえないので・・・先にかるくデモ録音しておきましょう。

「+」マークより、オーディオを追加します。

オーディオ(ボーカル)にリバーブを追加する

とりあえず録音を終えたら、
設定したいオーディオを選択して、エフェクトを追加するボタンを探しましょう。

この「Audio FX」ということろです。

ポイント

すごく小さくて見つけにくいので、拡大!

このAudio FX を開くと沢山の選択肢があり、ずずーーっと下の方に目的のリバーブ「Reberb」が現れます!

リバーブにも4種類ありますね。。。。

困った

どれがいいのやら。

リバーブを操作する

ものは試しで、とりあえず使ってみましょう・・・ドキドキ。

ChromaVerb

Reverb > ChomaVarb>モノラル

音声を流すと、下から色のついたキラキラが湧き上がってきます!キレイ!

●のついたところを、マウスで上下左右に移動できました。
それにより、音質が変わりますね。

声質やイメージに合うように調整すれば良いのでしょう、きっと。

下にもツマミが複数あります。
今のところは、「Dry」「Wet」と「Attack」にて、まあま良さげな方向になるかと思っております。

別のエフェクトについては、また使ってみたときに書き足します〜



嬉しい

この記事が参考になったら、「イイね」をポチっとお願いします!