【Logic Pro】書き出し(バウンス)で音量が小さくなるときに、大きく書き出すコツ

GarageBand・Logic Pro X を使ったDTM/DAW(音源作成)やボーカル録音をし、Illustrator・Premier Pro・After Effectsでデザインやアニメーション作成をしている、WEBデザイナー & 童謡Youtuberのひまわりです。

Logic Pro Xで音楽を書き出す(バウンス)した時に、なぜか音量が控えめになってしまい困っていました。

困った

なんでだろう・・・?

しっかりとした音量で書き出す方法がわかったので、書き留めておきます。
もし同じことでお困りでしたら、参考にしてみてください。

音圧を上げる

「Audio FX」というボタンから、設定をします。
ここ! ここに、ちいさーーーく黒文字であるボタンです。

気付き

え!ここクリックできるボタンだったんだ・・・

プラグインが出てきますので

Dynamics>Adaptive Limiter>ステレオ

を選択していきます。

Stereo Out を調整します。

中央の「Out Ceiling」がOFFになっていたので「ON」にします。
-0.1〜0.6dBほどに設定すると良いとのことです。

左の「Gein」が0になっていたので、上げていきます。
音量のゲージが上がりすぎて、赤がプラス(ビリビリ音)にならない程度にGainを調整してみます。

書き出し(バウンス)をしてみましょう。

嬉しい

おお!音が大きくなった!


嬉しい

この記事が参考になったら、「イイね」をポチっとお願いします!